BRANDBRAND

  • 革について

    オレグノではナチュラルで豊かな発色があり、さらにお使い頂くごとに美しく纏う経年変化を特徴とした1937 年創業の植物性タンニン鞣しを専門とした皮革メーカー「栃木レザー」の革を使用しております。国内唯一のピット製法とよばれる、巨大な水槽に張ったタンニン溶剤の中に皮を、薄いタンニン濃度の水槽から濃いタンニン濃度槽へと順次20 日間もの手間と時間をかけ漬け込んでいく伝統的な製法です。ピット製法は時間をかけてタンニンに漬け込むことで、原皮に負担をかけずに自然になめされ、芯までタンニンの成分が浸透するため、型くずれしにくい堅牢な革に仕上がると言われています。原皮を水洗いするところから出荷に至るまで20以上の工程を踏み、商品になるのに約3 ヶ月の期間を要します。そのためタンニンレザーの特徴である革本来の自然な風合いを残しながら、しなやかで、耐久性にすぐれた世界に誇る高品質なレザーを生み出します。

  • 生地について

    オレグノは日本の味わい深い四季をお感じ頂きながら、カバンと一緒にその季節をよりお楽しみ頂ける様に、通常のカバンメーカーが使用する事の無い様な、テーマに合わせた幅広い特殊な生地をご提案しております。メイン素材の9 号帆布コットンは、深い発色と、パリッとした腰感のある高密度な織りが特徴の国内大手繊維メーカーが新開発した「グラスコット®」糸を用いた〝新帆布素材” です。独自の裏加工や素材に合わせた縫製技法を用いて、素材の持つナチュラル感と高いクオリティによるエレガンス感をお感じ頂ける通年ご使用頂けるアイテムに仕上がっております。その他、夏の時期には涼しげで軽快なパナマ調生地や、冬の時期には糸の太さが不均一で独特の表情が特徴の温もりをお感じ頂けるウール生地まで、四季を持つ日本人ならではの豊かな感性と高い技術によって生み出された、高品質なクオリティの、多様な国産の生地をご提案をさせて頂いております。

  • 木製パーツについて

    ブランドコンセプトとして「やすらぎ」「リラックス感」をお感じ頂けるように、ブランド名の由来にもなりました〝odore di legno(木の香りがする)” というイタリア語にも御座います様に、オレグノに付属するブランドネームプレートやボタンに用いた無垢の国産樫の木を使ったパーツは、ブランドの特徴的なアイコンとなっております。「樫の木」は、漢字で木偏に堅と書く様に非常に堅くとても強度性の高い材質です。その特性から日本では古くから大工道具や、バットや木刀などに重宝され使われてきました。また、内部で多量に気泡を含んでいるため耐水性・防水性にも優れた材質です。ただし、堅い材質の特性上加工がしにくい為、1 点1 点熟練の木工職人の手作業でしか作る事が出来ない希少性の高い大変貴重なパーツとなっております。